正社員ドライバーのデメリット

より会社に貢献することが求められる

ドライバーにもトラック、タクシーなど様々な種類があり、雇用形態も人それぞれ違いがあります。アルバイトや契約社員として活躍する人も多くなっていますが、正社員として働く人も少なくありません。正社員として活躍を考えている人は、デメリットがないかも知っておきたいところです。まず正社員になると、アルバイトやパートのように自分の好きな時間だけ働くということは難しくなります。長期の休暇を取るのも難しいと言えるでしょう。そして仕事の面でもより責任が重くなり、より会社に貢献することが求められるようになります。このほかでは残業や休日出勤が求められるようになることも考えられますし、職場によっては転勤があるかもしれません。

正社員ならではのメリットも知る

正社員になることにはある程度のデメリットもありますが、正社員ならではのメリットもまた多く存在します。まず給与の面では一定の収入を得られるようになりますし、ボーナスも支給されます。福利厚生がより充実すること、厚生年金に加入できるので将来の年金の面でも安心です。さらに正社員になることは社会的な信用を得ることにもつながりますし、転職の際も有利になる可能性があります。正社員になるデメリットとしては、まず正社員として就職する際は面接などもより厳しくなる傾向にありますし、正社員になった場合は部下を育てることも求められるようになります。正社員のドライバーとして働く場合はメリット、デメリットどちらもありますので、じっくり考えて自分に合った働き方を選んでいきましょう。